DVC00043.jpg
最近いじめや体罰などが
社会的問題として
取り上げられていますが、
建築業界でも
同じ事が言えるのでは
ないだろうかと最近思います。

まぁ僕が大工として
育った時代は
どんなにボロクソに
言いたい放題言われても

平気でまかり通っていた
時代ですが、

未だにそういう傾向は
あちらこちらで
見受けられます。

僕自身は厳しく育てて
いただいて感謝していますが、そういった愛情のあるなかでの厳しさと、

ただの親方のウサ晴らしのような暴言は違うと
思います。

そう、暴言が多いんですよねぇ。

ここ最近若い大工職人を
育てれる会社が
めっきり減ってしまっている事に危機感を覚えるのは僕だけでしょうか?

いわゆる工務店といわれる会社も今やほとんどが
リスク回避で社員大工が
いなくなっております。

不況だから仕方ないので
しょうか?

そのリスクだけを末端の
職人が泣く泣くかぶる。

僕は常におかしいと
思っておりました。

勿論我社ではそういう事はございませんが…

携わってくださる職人さんのことは僕が全力で
守りますし約束も守ります

不況?

デフレだから高いものが
売れない?


全く言い訳にならないんじゃないですか?


僕は思います!

『明確なビジョン』を
持っているか否かが

鍵を握っているのでは
ないでしょうか?


少し話はそれましたが
熱もあるので
この辺でクールダウンします!
関連する記事
コメント
コメントする